セミナー・講座

広報の仕事を体験する「広報プロジェクト2018」スピンオフイベント開催

広報の仕事って、本を読んだりセミナーを聞いただけでは、理解しずらい仕事だと思います。
営業の仕事は「何かを売る仕事」と誰もが知っていますが、広報の仕事は「ステークホルダーと良好な関係を築く仕事」と聞いても、なんのこっちゃ?って感じですよね。
しかも企業によっては広報担当者のミッションが違ったりします。

何事もそうかもしれませんが、やっぱり実際にやってみないと身につかない。
広報の仕事は特に体験してみないと理解できない。

広報を実践しながら学ぶ講座

広報の仕事をセミナーで学ぶのではなく、広報を実践しながら学ぶ体験型の講座「広報プロジェクト2018」を、2018年4月から6月まで開催しました。

この講座は、私が1から10まで教えるのではなく、私はあくまでも進行係、ファシリテーター的な立ち位置を意識しています。
参加した広報女子たちが自ら考え、その時々で必要な知識だけをインプットして、アウトプットしながら広報実務のスキルを身につけていくような講座です。
バリバリ仕事しながら学ぶぜ!というより、学校の部活のようなノリで、楽しくワイワイ学ぶ感じです。

広報するものは「北海道の何か」

広報実務は、何か題材となるものが無いとできません。
なので広報する「何か」は、北海道内の企業から募集しました。
せっかくなら、北海道に貢献できれば!と思ってます。
あと企業側にとっても、広報ってこんな感じなんだ〜と知ってもらえるきっかけになればと。

応募いただいた企業の商品やサービスの中から、広報するものを1つ(1社)だけ選びます。
もちろん選ぶのは広報プロジェクトに参加する女性達です。
普段、広報の仕事をしている人にとっては、いつもと違う商品やサービスなので、新鮮で、違う角度から広報の仕事を学ぶことができます。

それと興味のあるものを選ぶのって、大事なんですよね。
その商品やサービスに対して「好き」という気持ちや、「すばらしい」という尊敬する心が少しでもないと、広報の仕事は難しいと思います。

講座の中で企画したイベント

今回選ばれたお題は、北海道平取町にある「二風谷ゲストハウスyanto」です。
最初、なかなかハードル高いものを選んだな〜!と思ったのですが、前回(2014年開催時)もそうだったんですよね。
皆さん広報のしがいがあるハードル高めの商品やサービスを選んでいて、チャレンジしていました。すばらしい!

プロジェクトに参加した広報女子は、いろいろ見たり聞いたり触れたりしているうちに、このゲストハウス、只者じゃないぞ!すごい理念がありそうだ!ということに気づきます。
そしてそれをどう形にして伝えたら良いか考え、行きついたのがトークイベントです。

実は広報プロジェクト講座の期間内では、時間も無いので企画するところまで学んでくれたら今回は良いかな〜と思っていました。
ですが、講座が終了しても「開催したい!やりましょう!」とアクティブな広報女子のパワーで、先日、実際にイベントを開催することができました。

トークイベント「ゲストハウスはじめました」
https://www.facebook.com/events/2068557803222274/

今回のイベントを終えて

素晴らしい企画と運営、広報女子パワーだなあと感じました。
今回のプロジェクトに関わったメンバー全員、私は広報できます!広報ウーマンです!と胸をはって言ってくださいませ。
みんなに卒業証書を授与したい!と思ったイベントでした。